おかげ横丁
「鮎の甘露煮」 (うおすけ/三重県多気町)
柔らかな醬油の香りとともにふっくらと照りのある「鮎の甘露煮」は、
江戸時代、松阪商人の旦那衆に納められる貴重なものでした。

現在では大衆に広がり、相可地域に伝わる食文化として、日本全国の人々から愛されています。
雄大な山々と清らかな清流が生み出す
北に櫛田川、南に宮川と、水流豊かな2本の一級河川の間に位置する多気町では、この豊かな水源を利用し、鮎漁が盛んに行われてきました。 慶応元年(1865)創業の「うおすけ」は150年続く歴史のあるお店で、地域の鮎料理を作り続けています。

150年から続く美味
鮎に串を打ち、素焼きにした後、伊勢茶で煮だし、昆布と鰹のだしに醬油と砂糖を加えて炊き上げます。 素材の味を引き出すため、醬油は無添加のものを使い、だしも素材から煮出します。直火で炊いた大鍋の蓋を取ると、柔らかな醤油の香りとともにふっくらと照りのある鮎が炊き上がりました。
笑顔を作り続ける
材料にこだわり、いくつもの工程を重ねて直火で長時間かけて炊き上げることで、口にしたとき骨まで柔らかく、臭みのない鮎本来の旨み引き立たせてくれます。 うおすけ5代目主の茶谷明樹氏は鮎を炊いて食す家庭の文化や屋形船で鮎を楽しむ文化など、子どもの頃当たり前にあった地域文化を伝え残していくことが重要といいます。
「鮎の甘露煮」 (うおすけ/三重県多気町)
柔らかな醬油の香りとともにふっくらと照りのある「鮎の甘露煮」は、江戸時代、松阪商人の旦那衆に納められる貴重なものでした。 現在では大衆に広がり、相可地域に伝わる食文化として、日本全国の人々から愛されています。
雄大な山々と清らかな清流が生み出す
北に櫛田川、南に宮川と、水流豊かな2本の一級河川の間に位置する多気町では、この豊かな水源を利用し、鮎漁が盛んに行われてきました。 慶応元年(1865)創業の「うおすけ」は150年続く歴史のあるお店で、地域の鮎料理を作り続けています。

150年から続く美味
鮎に串を打ち、素焼きにした後、伊勢茶で煮だし、昆布と鰹のだしに醬油と砂糖を加えて炊き上げます。 素材の味を引き出すため、醬油は無添加のものを使い、だしも素材から煮出します。直火で炊いた大鍋の蓋を取ると、柔らかな醤油の香りとともにふっくらと照りのある鮎が炊き上がりました。
笑顔を作り続ける
材料にこだわり、いくつもの工程を重ねて直火で長時間かけて炊き上げることで、口にしたとき骨まで柔らかく、臭みのない鮎本来の旨み引き立たせてくれます。 うおすけ5代目主の茶谷明樹氏は鮎を炊いて食す家庭の文化や屋形船で鮎を楽しむ文化など、子どもの頃当たり前にあった地域文化を伝え残していくことが重要といいます。
−関連商品−
  • うおすけ 子持鮎の甘露煮詰合せ
    創業慶応元年より、櫛田川のほとりで手作りにこだわる名店の逸品。 鮎を姿焼き…
    ¥3,564 (税込)

    詳細はこちら
  • うおすけ 子持鮎の甘露煮詰合せ
    創業慶応元年より、櫛田川のほとりで手作りにこだわる名店の逸品。 鮎を姿焼き…
    ¥5,400 (税込)

    詳細はこちら
  • うおすけ 鮎の甘露煮

    新鮮な鮎に踊り串を打ち、一尾一尾丹念に焼き上げ、それを香り高い伊勢茶で柔ら…

    ¥540 (税込)

    詳細はこちら
  • うおすけ 子持鮎の甘露煮
    子持鮎は希にしか捕れないということで古来から極めて珍重されてきましたが…
    ¥756 (税込)

    詳細はこちら
  • うおすけ 小鮎山椒

    天皇とゆかりの深い伊勢の地は、古来より豊かな自然の風物に恵まれ、伊勢を取り…
    ¥648 (税込)

    詳細はこちら
  • うおすけ 小鮎の甘露煮
    天皇とゆかりの深い伊勢の地は、古来より豊かな自然の風物に恵まれ、伊勢を取り…
    ¥648 (税込)

    詳細はこちら