徳力富吉郎版画館

  • 伊勢神宮版画「宇治橋」
    伊勢神宮版画「宇治橋」
    春。内宮への入り口の大鳥居と五十鈴川にかかる宇治橋と鮮やか桜を描いた、華やかで色鮮やかな版画です。(1960年)…
    16,500円 (税込)

    詳細はこちら
  • 伊勢神宮版画「伊勢神宮」
    伊勢神宮版画「伊勢神宮」
    降り積もる雪の中に佇む伊勢神宮を描いた版画。雪の冷たさ、凛とした空気の神宮が感じられる版画です。(1969年)…
    16,500円 (税込)

    詳細はこちら
  • 伊勢神宮版画「内宮神苑」
    伊勢神宮版画「内宮神苑」
    内宮の参道の右手のゆるやかな斜面を下りていくと石畳を敷き詰めた御手洗場が見えてきます。徳川家康綱吉の生母、桂昌院が寄進したといわれ…
    16,500円 (税込)

    詳細はこちら
  • 7 伊勢だより版画「伊勢慶光院」
    7 伊勢だより版画「伊勢慶光院」
    もう四・五百年も前のことです―世は戦国、そして乱れた世の中で、伊勢では、百数十年にわたってご遷宮が途切れておりました。これを嘆き…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 13 伊勢だより版画「高見峠」
    13 伊勢だより版画「高見峠」
    高見峠は、伊勢と大和をむすぶ峠の一つで、こちらでは有名な峠です。その伊勢側のまち、飯高町波(は)瀬(せ)の泰運寺に、これもまた有名な釣鐘が…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 24 伊勢だより版画「波切汗かき地蔵の図」
    24 伊勢だより版画「波切汗かき地蔵の図」
    鎌倉時代のことです―志摩の漁師浜口惣左衛門は、漁のたびに網にかかる大石を、不思議に思って海から持ちかえりました。この奇石が、やがて…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 53 伊勢だより版画「外宮御正堂」
    53 伊勢だより版画「外宮御正堂」
    伊勢は、内宮と外宮の大神さまをまつる土地です。内宮さま(天照大神)が、「ひとりで食事をするのでは食欲もわかない」とおっしゃって…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 55 伊勢だより版画「燕来飛」
    55 伊勢だより版画「燕来飛」
    伊勢の民家の屋根のつくりは、昔から「妻入りづくり」。神宮の平入りをうやまって、自分たちはそれを避けてきたのでした。その妻入りの…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 60 伊勢だより版画「豊宮崎文庫御屋根桜」
    60 伊勢だより版画「豊宮崎文庫御屋根桜」
    「豊(とよ)宮崎(みやざき)文庫」というのは、一六四八年に創設されたといわれる神宮の神官養成学校でした。明治に廃校になり、今日は御門(もん)を…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 64 伊勢だより版画「神宮奉納相撲」
    64 伊勢だより版画「神宮奉納相撲」
    大阪春場所を終えた関取衆が伊勢へやってきます。恒例の神宮奉納大相撲は、三月末日。もちろん、それは伊勢びとの春の大きな楽しみですが…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 83 伊勢だより「版画皇大神宮」
    83 伊勢だより「版画皇大神宮」
    いまから二千余年前、当時宮中にまつられていた天照大御神(あまてらすおおみかみ)のためのお住いさがしが行われました。数十年がかり…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 87 伊勢だより「志摩の海女天草のくちあけ」
    87 伊勢だより「志摩の海女天草のくちあけ」
    毎年、志摩では四月の月末は、てんぐさ取りの口あけ。待ちかねたように、岸から舟から、海女がいっせいに海に入っていくさまは壮観です。…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 203 伊勢だより「二見大江寺 三尺藤」
    203 伊勢だより「二見大江寺 三尺藤」
    二見町江の大江寺は、千三百年も前に開かれたという古寺です。この古寺に、「三尺フジ」と呼ばれる藤の古木があります。一本の幹から…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 204 伊勢だより「松阪猟師町鯉のぼり」
    204 伊勢だより「松阪猟師町鯉のぼり」
    一竿に十匹、二十匹の鯉のぼりが、威勢よくおよいでいます。ここは、松阪市猟師町。この景観は、この地方の名物です。この町では、男の子が…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 220 伊勢だより「五十鈴川のかじか」
    220 伊勢だより「五十鈴川のかじか」
    五十鈴川で「かじかがえる」が鳴き盛っています。体長五〜七センチ、土いろのからだに金いろの愛らしい目をもっています。夏の間中、夜ごとに…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 223 伊勢だより「斎宮花菖蒲群落どんど花」
    223 伊勢だより「斎宮花菖蒲群落どんど花」
    昔、平安朝の頃、野しょうぶは「どんど花」と呼ばれたそうです。さて、その昔から、伊勢街道はこの「どんど花」の多いところでした…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 233 伊勢だより「本店巣燕石碑」
    233 伊勢だより「本店巣燕石碑」
    内宮にほど近く、五十鈴川に沿ったわたくしどもの本店の軒には、年ごとに燕が巣をかけます。その燕と前後するようにしらじら明けの四時…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 240 伊勢だより「神宮宇治橋」
    240 伊勢だより「神宮宇治橋」
    名橋といわれる橋は日本中にすくなくありませんが、今日も木橋で昔ながらの面影を伝えているのは、伊勢の宇治橋です。晴れた青空の下でも、…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 242 伊勢だより「伊勢海老祭り」
    242 伊勢だより「伊勢海老祭り」
    奥志摩の玄関口・浜島港は、また伊勢えび漁の本拠地です。なぎさに「祈伊勢えび豊漁」ののぼりが立並んで、毎年六月六日は伊勢えびまつり。…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 252 伊勢だより「二見浦旭光」
    252 伊勢だより「二見浦旭光」
    海中からつき出た二つの岩の間から、お陽様が昇ってきます―二見浦夫婦岩のこの美しい光景に気づいたのは、いつ、誰だったのでしょう。それは…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 270 伊勢だより「朝熊山 あじさい祭り」
    270 伊勢だより「朝熊山 あじさい祭り」
    朝熊(あさま)山頂の金剛証寺で、三千五百株のあじさいが花の盛りをむかえています。ここは神宮の鬼門をまもるとされてきた弘法大師開山の古寺…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 284 伊勢だより「宮川花火大会」
    284 伊勢だより「宮川花火大会」
    宮川堤は、一年に二回、人々の嘆声でいっぱいになります。春の花見と 夏の花火。全国の名人花火師の手によって、千数百発……息もつかせぬ…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 419 伊勢だより「北畠館跡庭園」
    419 伊勢だより「北畠館跡庭園」
    北畠氏は、村上天皇の皇子(みこ)を祖として、朝廷と厚い信任で結ばれた名家でした。有名な「神皇正統日記」を書いて忠誠を…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 438 伊勢だより「神宮観月会」
    438 伊勢だより「神宮観月会」
    外宮の表御橋・日除(ひよけ)橋を渡って間もなく、左にまがたま池。仲秋の名月の宵、この池に張り出した方舞台は、恒例の観月会です。全国…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 440 伊勢だより「神宮御神宝」
    440 伊勢だより「神宮御神宝」
    神宮御神宝は、いわば神様の「お道具」です。精緻をきわめた太刀や弓、優美な扇や傘、そしてお飾りの彫馬など、その総数は八百種…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 441 伊勢だより「伊勢蓮台寺柿」
    441 伊勢だより「伊勢蓮台寺柿」
    秋の陽ざしの下に、蓮台寺がきが熟れてきました。蓮台寺がき―大粒でやや角ばった渋柿ですが、渋ぬきをするととろけるような甘さ。江戸時代から…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 444 伊勢だより「志摩賢島の夕」
    444 伊勢だより「志摩賢島の夕」
    リアス式の複雑な海岸線に抱かれて、英虞(あご)湾は奥深い入江です。いま、夕方の微風に、海面は一面のさざ波。その間に真珠いかだが点在して…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 460 伊勢だより「初穂曳」
    460 伊勢だより「初穂曳」
    「初穂びき」は、伊勢びとが、年ごとの稔り「お初穂」を神宮に捧げるまつり。内宮へは、五十鈴川を舟でさかのぼってひいていきます。たわわに…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 612 伊勢だより「国立鳥羽商船高等専門学校」
    612 伊勢だより「国立鳥羽商船高等専門学校」
    鳥羽に商船学校が創立されたのは、明治十四年、ちょうど百年前のことです。以来、今日の鳥羽商船高等専門学校は、一世紀にわたって日本の…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 617 伊勢だより「伊勢夷講」
    617 伊勢だより「伊勢夷講」
    えびす講は、商家の祭日(十一月二十日)。この日商家では、えびす棚のえびす様と大黒様にお神酒(みき)をそなえ、家中は無礼講の酒宴で…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 618 伊勢だより「志摩賢島真珠祭」
    618 伊勢だより「志摩賢島真珠祭」
    志摩は真珠の里ですが、その中心は英虞(あご)湾。はり出した岬に深くいだかれた内海は静かで、真珠いかだを浮かべるのにいかにも適しています…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 639 伊勢だより「伊勢海老」
    639 伊勢だより「伊勢海老」
    年の瀬が近づくと、伊勢えびの出荷が盛んです。志摩の入江をたどっていくと、いけすに、あるいは篭に、赤かっ色のこの大えびがおどっています…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 660 伊勢だより「夫婦岩初富士」
    660 伊勢だより「夫婦岩初富士」
    二見町は近年、町ぐるみで「文学の道」づくりをすすめています。西行・芭蕉・宜長ら、歴史の中で伊勢にゆかりの文学者の碑がすでに…
    1,100円 (税込)

    詳細はこちら
  • 伊勢の版画色紙「御遷宮」
    伊勢の版画色紙「御遷宮」
    御遷宮は20年に一度の神宮最大の祭典です。杉木立の浄闇の中を、白い絹垣に囲まれたご神体の行列が、旧宮を出てゆっくりと新宮に向かい…
    4,400円 (税込)

    詳細はこちら
  • 伊勢の版画色紙「豊受大神宮」
    伊勢の版画色紙「豊受大神宮」
    正宮に次ぐ外宮として鎮座している豊受大神宮の秋の景色の色紙です。豊受大神宮は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神であり、衣食住、…
    4,400円 (税込)

    詳細はこちら
  • 伊勢の版画色紙「伊勢道中」
    伊勢の版画色紙「伊勢道中」
    江戸時代に多くの民衆の間に流行した伊勢神宮への集団参拝で、おかげ参りとも呼ばれました。当時、庶民、農民の移動には厳しい制限があったが、…
    4,400円 (税込)

    詳細はこちら
  • 伊勢の版画色紙「伊勢海女」
    伊勢の版画色紙「伊勢海女」
    青い海を人魚のように泳ぐ伊勢の海女を描いた徳力氏の幻想的な色紙です。海中での景色や、海女のなまめかしい動きが印象的な作品に…
    4,400円 (税込)

    詳細はこちら
  • 伊勢の版画色紙「伊勢二見浦」
    伊勢の版画色紙「伊勢二見浦」
    山の頂から二見の夫婦岩を望む夕景の色紙。古来は、伊勢神宮の参拝前には、二見興玉神社で祓い清める習わしでした。現代でも夫婦岩で…
    4,400円 (税込)

    詳細はこちら
  • 雨ニモマケズ暖簾 青
    雨ニモマケズ暖簾 青
    宮沢賢治の代表作でもある雨ニモマケズが暖簾になりました。今でも多くのファンを魅了する賢治の世界を生活に取り入れてみませんか?…
    4,180円 (税込)

    詳細はこちら
  • 雨ニモマケズ暖簾 茶
    雨ニモマケズ暖簾 茶
    宮沢賢治の代表作でもある雨ニモマケズが暖簾になりました。今でも多くのファンを魅了する賢治の世界を生活に取り入れてみませんか?…
    4,180円 (税込)

    詳細はこちら
  • 雨ニモマケズ 版画ハガキセット
    雨ニモマケズ 版画ハガキセット
    宮沢賢治の自筆の文字をそのまま復元し、詩のイメージを徳力富吉郎が版画化した、味わい深い、簡素で美しい7枚入りハガキセットです。…
    990円 (税込)

    詳細はこちら